タイ生活情報

  • 就労ビザと労働許可証
  • タイの住居と交通
  • タイの医療と保険
  • タイの物価の目安

タイの住居について

給与が50,000Bくらいの現地採用の日本人は、バンコク市内で単身の場合で5,000〜10,000B程度の家賃のアパートに入居しています。
一般的な部屋の構造は、居間とベッドルーム兼用のスタジオタイプで面積は33〜40u。電話、エアコン、温水シャワー、トイレ、テレビ、クローゼット、ベッドと生活に必要な設備は一通り揃っています。ご夫婦や子供など家族がいらっしゃる場合は2ベッドルーム以上の広さが必要で、60〜80uの広さで家賃は20,000B前後からとなるでしょう。バンコク郊外の工業団地や遠隔地に就職する場合は、住む場所が限られてきます。面接の際に、適当な住居が近くにあるかを確認されるとよいでしょう。
バンコクにはたくさんの不動産紹介業者がありますが、特にタイに在住している日本人の間で評判のよい不動産会社をご紹介します。

タイの交通について

バンコク市内の交通渋滞は世界的にも有名です。朝夕、特に月曜日と金曜日の渋滞には悩まされます。平日でも雨が降ると、とたんに渋滞が始まってしまいます。
近年、市内では高架鉄道(BTS)が出来て渋滞を気にすることなく移動することが可能になりました、また地下鉄(MRT)も新しい市民の足として定着してきました。こうした交通機関が利用できる地域では通勤や移動はかなり便利になってきています。
タクシーが多いのもバンコクの特徴でどこでもつかまえることが出来ます。料金は2kmまで35B(約100円)、以降1km毎に4.5Bの加算となります。英語の通じないドライバーが多いため、慣れるまでは目的地をタイ語で書いたカードなどを準備するとトラブルを避けることができます。


お問い合せはこちらから

前のページに戻る

ページ上部へ